社員インタビュー

社員インタビュー#9 社員インタビュー#9
世界で活躍できる
車両開発エンジニアを目指す
  1. Q1.入社を決めたきっかけは何ですか?

    • 車両開発エンジニアの姿を見たときです。中国から留学で日本に来た私は、もともと日本の自動車業界に憧れていました。なぜなら、日本の自動車は世界でも有名だからです。
      会社見学会に参加したときに、将来のクルマを開発するエンジニアたちの姿を見て、その中の一人になりたいと思い、さらに決意が強まりました。また、選考や面接など、人事部の担当者が優しく対応してくれましたので、迷わず入社を決めました。

  2. Q2.仕事にやりがいを感じる時は、どんなときですか?

    • CAE技術を使い、設計者と共に高品質な開発に貢献できたときです。CAEとは「Computer Aided Engineering」の略称であり、コンピューター支援による設計・開発のことをいいます。解析ソフトを通してデジタルで車両一台を再現、実車相当の実験をシミュレーションしています。
      その中で私の仕事は、シミュレーションの結果から車体構造の弱い部位を見つけ、設計にフィードバックすることです。入社2年目ですが、直接設計者とディスカッションをし、最適な骨格構造を分析して提案をしています。自信を持って提案した構造がクルマに反映された時に、一番やりがいを感じます。

  3. Q3.仕事で印象に残っている出来事を教えてください。

    • 入社2年目の課題成果発表会での発表です。私の部署では個人それぞれ研究課題を持っており、毎年その成果発表会が行われます。課題を達成するために、専門知識の勉強はもちろん、実験と解析データの調査や分析をたくさん行いました。
      また発表する内容は、先輩と上司に何回も相談し、親切な指導と貴重なフィードバックを受けながら進めることができました。そのおかげで、成果発表会での私の発表は良い評判を得られました。とても嬉しかったです。発表後の飲み会で、先輩から褒めてもらった言葉は、一生忘れられないです。その言葉は、今でも失敗した時に自分を励ましてくれます。

1日のスケジュール

07:00 起床
奥さんと二人分のお弁当を用意し、やや忙しい朝
08:00 出勤
奥さんと一緒に家を出て、それぞれの職場へ向かう
09:00 朝ミーティング
メールやスケジュールの確認
10:00 打ち合わせ準備
構成を考え、相手にわかりやすい資料で解析結果をまとめる
11:00 打ち合わせ
解析結果を踏まえて設計者に正確なフィードバックをする
12:00 昼食
13:00 解析依頼に対応
設計者の要望を理解し、期待を超える成果を目指して解析を計画
15:00 打ち合わせ
実験担当者とすり合わせ、解析で再現する条件を明確にする
17:00 技術連絡会
先輩の事例や経験を聞いて、自分の力にする
18:00 技術開発
新しいCAE技術の開発を担当し、新しいことに挑戦する
19:00 退社
20:00 リフレッシュタイム
夕食の支度をしてから、ゲームプレイタイム
23:00 就寝

休日の過ごし方

週末はほとんど奥さんと二人で出かけ、神奈川県のあっちこっちにドライブしています。一番印象に残っているのは、今年の4月、二人で相模湾に花見をしに行ったときです。満開の桜の下で、二人で青く澄んだ空を覗いたシーンは、今でもはっきり記憶に残っています。これからも日本のいろいろな美しい風景を訪ねたいです。

メッセージ

日産オートモーティブテクノロジーは、車両開発の仕事に携わることができます。自分で明確な意思を持てば、やりたいと思ったことを実現できる会社。
また、グローバルな会社環境で、世界を舞台に活躍できる会社です。

pagetop