社員インタビュー

社員インタビュー#2 社員インタビュー#2
セグメント1位を取る
日産車をつくる
  1. Q1.入社を決めたきっかけは何ですか?

    • 日産車の設計に確実に携われることが大きな理由です。私はクルマ好きの父の影響で、子供のころからクルマを見たり、乗ったりすることが大好きでした。特に父の愛車日産SKYLINEやSILVIAは小さいころからの遊び相手で日産に対して思い入れがあり、日産車の設計に携われる仕事をしたいと考えながら就職活動をしていました。 その中で、日産車の開発領域を全て持ち、車両を開発している当社を見つけました。この会社であれば、どの部署に配属されても絶対にクルマの開発に携われることが、私にとって凄く魅力的だったので、内定の連絡を受け、当社で頑張っていくことを決めました。

  2. Q2.仕事にやりがいを感じる時は、どんなときですか?

    • 自分達で決めたことがクルマに反映されるときです。私が所属する車両計画は、初期段階から設計を取りまとめ、クルマの基本である乗員配置や大きさ、部品配置などを決める部署です。運転のしやすさや室内の広さなど、お客様にすぐ伝わる性能を取り扱うので、魅力的なクルマ作りに重要な仕事の一つです。
      入社して数年後に任されたのが日産と三菱の協業プロジェクトで、当社で車両開発を行った新型DAYZでした。日産で初めて軽自動車を開発するため、軽自動車の市場や競合他社の動向を調査することから始まり、頼れる先輩や他部門の仲間と一緒に協力しながらさまざまなことを検討し、クルマを作り上げた時には一番やりがいを感じました。

  3. Q3.仕事で印象に残っている出来事を教えてください。

    • 担当したDAYZをお客様に褒めてもらったときです。軽自動車は日本のみの販売で、ターゲットカスタマーの8割が女性であるため、グローバルに販売される普通車に比べて小柄な体格の方を考えた設計が必要でした。例えば、ペダルに足が届くように座ると、ハンドルと体が近すぎてしまうのでハンドルの位置を前に出したり、前が見やすいように見切りが良い部品形状にしたりと、他にも小柄なお客様のことを考慮して設計しました。
      販売後に、私の小柄な奥さんと一緒に販売店で試乗して感想を聞いてみたところ大好評。販売店の方からも、お客様からたくさん褒めていただいていると聞き、これからもお客様の事を考えた設計を続けていこうと思いました。

1日のスケジュール

07:00 起床
少し早めに起きて子供と遊んでから家を出る
09:00 出社
予定チェックと一日の業務計画を確認
10:00 チームミーティング
ベトナム社と一日の業務内容の確認
11:00 CAD検討
自分でCADを使いながら検討する
12:30 昼食
自席で職場の仲間とご飯を食べる
14:00 他部門との打ち合わせ
他部門とプロジェクトの課題をどのように進めるか論議する
16:00 実車確認
CAD検討した内容を実車で確認し、机上通りの結果かを確認
19:00 退社
20:00 夕食・子供と入浴
子供とご飯を食べ終わった後、お風呂に入る
21:00 子供を寝かす
22:00 リラックスタイム
奥さんと温かい物を飲みながら、映画やテレビ鑑賞
23:00 就寝

休日の過ごし方

テニスをしたり、子供と遊んだりしています。テニスは中学時代から始めて、今でも会社のテニス部で月一程度やっています。仕事以外で気を許せる仲間たちと楽しく汗を流したり、夏にはBBQをしたりする時間は最高です!
また、最近子供が生まれたので家に帰ってからは子供が寝るまで一緒に遊びます。

メッセージ

初めての就職活動、どんなことを仕事にしたいのかわからない人もいると思います。そんな時は『自分はどんな事でワクワクするのか?』を考えてみてください。そうすれば自然とやってみたい仕事が見つかります。
当社は、専門知識を持っていない人でも入社後にスキルを身に付け車両開発に携わることができます。"担当したクルマが街中を走っていることを想像してワクワクした人!" 私たちと一緒に仕事をしてみませんか。

pagetop